2017年7月29日

ファクタリングは計画的に行うことが必要

ファクタリングは売掛金を早期に回収する方法として非常に有効な手段であり、最近ではこのサービスを行っている金融機関も非常に増えていることから利用しやすくなっているものです。

しかし計画的に利用しないと最終的に企業の財政を大きく圧迫してしまう危険があるため十分な注意が必要です。

そのため、利用する際には将来の資金計画を十分に立て、余裕を持って利用することが必要になります。

ファクタリングを利用するメリットは、
早期に売掛金を手に入れることで様々な支払いを停滞させることなく企業の信頼を維持すると言う意味で非常に大きな効果があります。

多くの商取引においては代金後払いの売掛の仕組みが一般的になっており、
商品の販売ができても一定期間は手元に現金がないと言う状態が継続し、
この期間において支払いが発生しその代金が支払えない場合には最悪の場合倒産という結果になってしまうこともあります。

そのため一時的に現金を用意する手法として、借金をするよりも売掛金を早期に回収するファクタリングを利用する方が効果が高いのです。

しかしファクタリングを利用する際には手数料が発生するため実際の売り上げに対して手数料が差し引かれてしまうと言うデメリットがあります。

さらに本来の売掛金の回収の時期を先取りするため、資金計画が大幅に変更されてしまう可能性があり、これに対して十分な対策をしておかないと資金が不足し大きな問題になってしまうことがあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です