2017年8月29日

悪質なファクタリング会社を見極める方法

ファクタリング会社は、ほとんどのところが名前も知らない中小企業です。

中小企業だと情報が少ない為、
優良企業か悪徳企業かの判断が難しく、早期実行に移すことが困難になります。

見極めにはどんな方法があるのか紹介していきます。

ファクタリングの手数料で判断する手数料が高い会社が絶対に悪徳企業かというとそうではありませんが、早くお金が欲しいという利用する側の心理に漬け込み、法外な手数料を設定する会社は、悪徳企業と考えて良いです。

手数料は見積もりを出してみないと正確な数値が分からない為、少し手間がかかりますが複数の会社に見積もりをすると比較が可能になります。

提出する書類などが多い為、2、3社程度の見積もりを抑えると良いです。・来店不要でオフィスがない一般的に、ファクタリング会社を利用する時は、「面談」が必要です。

2社間ファクタリングの場合、経営者が他の支払いに入金された売掛金を使ってしまうリスクがある為、信頼関係が重要になるのです。

実際に会ってみて話をしないと、信頼できる会社かどうかの判断ができない為面談をしてから契約するのが普通です。

「来店不要」や「オフィスに来ることを拒絶する」ファクタリング会社は怪しい可能性が高いです。その他にも「契約書を提携しない」「契約書内容が簡素的で不明な点が多い」「確認すべき書類が少ない」場合などにも注意が必要です。

あくまでチェックポイントなので、当てはまる会社が全て悪徳企業とは限りませんが、このような場合疑ってみると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です