2017年9月25日

ファクタリングとよく比較される融資

ファクタリングとよく比較される融資として、銀行融資、不動産担保ローン、ノンバンクのビジネスローン、売掛債権担保ローンなどがあげられます。

銀行融資は金利が低いのでメリットが大きいですが、
用意する書類は多く、審査に時間がかかることが難点です。

また、資金操りが悪化している状態では審査に通りにくいです。

不動産担保ローンは銀行融資よりもさらに金利が低い傾向ですが、不動産の現地調査があるので、
審査に1ヵ月以上もかかることがあります。

ノンバンクのビジネスローンは審査にかかる時間が短く、無担保・無保証で借りられることがメリットです。しかし、金利は高めになる傾向です。

売掛債権担保ローンはファクタリングとよく似ていますが、売掛債権を担保に入れるというだけであり、ローンの返済は利用会社がしていきます。

審査では利用会社の信用が重視されます。

これらの融資に共通しているのは、利用会社の信用が重視されるということです。

それに対して、ファクタリングでは利用会社の信用はあまり重視されません。全く関係していないというわけではありませんが、
売掛金を支払う取引先企業に信用があれば、倒産しかけの会社でもファクタリングを利用できることがあります。

3社間ファクタリングでは取引先に知られてしまいますが、2社間のほうを選べば取引先からの信用を落とさずに売掛債権を売却できます。

しかし、手数料は3社間のほうが安いので、トータルメリットで比較をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です